研究:太陽光源を用いた液晶シャッタの高速な開閉制御により肉眼で不可視な影を投影するディスプレイ

研究概要:本研究では太陽光を光源として活用し,液晶シャッタの高速な開閉によって直射日光の透過/遮断を時間的に制御することで,カメラ撮影時にのみ任意の視覚パターンを提示するディスプレイを提案する.肉眼とカメラでは時間分解能の差があり,肉眼では視認できない短時間の変化を,カメラではシャッタ速度を高速に設定すれば捉えることが可能であるという点に筆者らは着目した.また,空間が明るい状態では,スマートフォンなどのカメラのシャッタ速度が高速な値に設定されるため,光源として直射日光を用いることで,ユーザはカメラに特定の設定や操作をすることなく投影された情報を撮影,取得できる.本稿では具体的なシステム実装方法と,スマートフォンに搭載されたカメラの特性の検討,提案システムの視認性に関する評価について報告する.また,提案システムを用いたアニメーション表示と撮影補助の仕組みについての2つのアプリケーションについても紹介する.


Abstract: In this research, we propose a display that uses sunlight as a light source and temporal controls the transmission/shading of direct sunlight by opening and closing the liquid crystal shutter at high speed, thereby presenting visual pattern only during camera shooting. We focused on the fact that a short change in time can be captured by setting the shutter speed at high speed but cannot be visually recognized with the naked eye because there is a difference in temporal resolution between the naked eye and the camera. The user can capture the projected image without making specific settings or operations on the camera because the shutter speed of the camera will be set to a high value when using bright light such as direct sunlight. In this paper, we describe a concrete system implementation method, investigate the characteristics of a camera mounted on a smartphone, and evaluate the visibility of the proposed system. In addition, we will also introduce two applications, one for animation display and one as a photography assistance mechanism using the proposed system.

 

中山祐之介/横田智大/橋田朋子
2018年3月

一般社団法人情報処理学会シンポジウム インタラクション2018 インタラクティブ発表プレミアム採択(20183月)、インタラクティブ発表賞(PC推薦)受賞

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中