“HELLO HUMAN, GOODBYE HUMAN.”

 

ヒトと機械のインタラクションを考える時、私達は無意識のうちに「ヒトが機械に働きかけ、それに機械が応答する」というイメージを持っていないだろうか。しかし日常の中にテクノロジーが急速に浸透しつつある今、自律的にふるまう機械も少しずつ増え、すでにインタラクションの主体は必ずしもヒトではなくなりつつある。この展示では、ヒトから機械へという先入観を取払い、機械から始まるインタラクション、というすぐそばにある未来を具現化した作品を研究室の学生が制作した。「機械がヒトに働きかける世界」「ヒトが機械の作法に則る世界」「機械同士で働き合う世界」の三つの観点から考えた、ヒトと機械のインタラクションの新しい可能性を模索する。
Tokyo Design Week 2016 インタラクティブ展にて、早稲田大学基幹理工学部表現工学科橋田朋子研究室として9作品出展。「HELLO HUMAN, GOODBYE HUMAN.」のプロデュース、ディレクションを担当。

This exhibition seeks to dispel the preconceived notion of “interactions” as “human beings acting on machines.” It seeks to discuss examine the forms of interactions that begin from machines. As technologies spread rapidly and autonomous machines like drones and cleaning robots continue to naturally enter everyday spaces, it is already the case that humans are not necessarily at the centre of interactions.
The exhibition unveiled a group of works that seek to embody the imminent future of interactions that begin from machines.

At Tokyo Design Week 2016 Interactive Exhibition
I was responsible for producing and directing of the exhibition “HELLO HUMAN, GOODBYE HUMAN.”

(2016.10)